*

リーダーの言葉を大切に。「天才アスリート 勝利の言葉」から感じるつよさ

公開日: : 最終更新日:2016/02/08 スポーツ, ラグビー

アスリート達の語る言葉は、なぜちから強く、聞く者の胸に迫るのか。

人は言葉に支えられて成長する。新たな未来をつくる者たちを突き動かす言葉とは?

五郎丸歩×又吉直樹

おふたりの対談がメインの番組でした。テレビ東京系列の番組「みらいのつくりかた 新春SP」より抜粋した言葉を紹介します。

おふたりの言葉が、いつかどこかで、あなたのこころに刺さりますように。そして自分自身の動き出す力に変わりますように。

勝利は必然 ラグビーに奇跡はない

五郎丸:ラグビーには絶対に番狂わせはないと、今まで云われ続けているが、だからこそ(ワールドカップでの南アフリカ戦の日本の勝利を)

これだけ騒いでいるんです、世界が。

又吉:でも奇跡はないっていうのも、やっぱりご自身としてはそれだけの4年間をやってきたということですか?

五郎丸:本当にいろんなものを犠牲にして、僕だけじゃなくて、選手みんながチームみんながですけれど、4年間ハードワークし続けた結果だと思います。

大野均 ラグビー日本代表

空港でのラグビー代表の激闘を称える大勢のファンの出迎え。日本代表経験12年のラグビーの鉄人と称される大野選手が待ち望んでいた光景がそこにあった。

そこに至るまでの12年の代表でも経験したことのないハードな合宿。世間のラグビーの見方も日本代表大丈夫かって感じだったと思うんですけれど。

王貞治さんがワールドカップ以前に合宿地を訪れ際の激励の言葉がこちら。

勝てばすべてが報われる

「今すごくきついけどワールドカップで結果を出せば、今のこの思いもはれるのかなと感じました。ラグビーを取り巻く環境がガラッと変わったので言う通りだったなと。」

リーチマイケル ラグビー日本代表キャプテン

神に誓うな 己に誓え

「勝ちに行くって最初から、4年前から思ってました。ただ試合するつもりで行ったら人に何も伝わらないし恥ずかしいし、やる意味がないからやるなら勝ちに行く。」

外国出身者が数多くいるラグビー日本代表のキャプテン。多様な個性をまとめるリーダーの素質が求められた。エディー・ジョーンズヘッドコーチからの印象深い一言とは。

「お前は日本人すぎる」

「長く日本に住んでいて日本の考え方になっていて、その考えでは世界に勝てないって(エディー・ジョーンズに)言われて。もうどっちにいっていいかわからなかった。」

そんな葛藤を払拭するために、世界最高峰リーグのスーパーラグビーのチームである母国ニュージーランドのチーフスに参加。

「ニュージーランドに帰ってもっともっと強くなって帰ってきました。ハングリー精神だったりニュージーランド人の(気持ちを)思い出さないとだめってっていうか。

難しかったけれどニュージーランドの考えになれました。」

ジャパンウェイ

「まずはハードワーク。日本にしかできない、日本の身体に特化した戦術だったり忠誠心。それがジャパンウェイ。

ずっと前から言葉はあったけれど出来上がったのはワールドカップ、そこで初めて証明できて。これから大事なのはジャパンウェイを変えずにずっと大事に持っていること。」

 

 

又吉:日本らしさというものは、ラグビーにおいてはどういうことだと思われますか?

五郎丸:日本にしかできないラグビーをするということですね。タックルに行くときも身体の小さい日本人は脚元に刺さらないと止まらないんです。

でも彼ら(外国人選手)はそんな体験をしたことがないんで、動揺したりパニックの状態になるわけですよ。何をやってもうまくいかないし。

それが80分間通してあったことというのが僕らにとっては非常に良かったことですね。

 

又吉:それが日本らしさ?

 

五郎丸:そうですね。日本にしかできない。80分間とにかく走り続けるという(ことが出来るのは)

五郎丸:エディー・ジョーンズに一度、指導法としてジュニアの世代からどういう指導法がいいか聞いたことがあったんです。

理にかなってないことはやる意味がないとエディー・ジョーンズはおっしゃるんですけれども、僕はそうじゃないなと思っていて。

 

理にかなっていない、理不尽なことを受け止められる日本人の強み(がある)というか。だからエディー・ジョーンズのような理論派が来たときにすべて吸収したいとおもうし、

エディー・ジョーンズももちろん人間なんで理不尽なこともいうわけなんです。言われてもなんてことないです。

 

又吉:理不尽なことって絶対あるんですよね。

 

又吉:僕が考える日本流というか日本的なことって、理不尽なものも、理不尽なものに対する筋力であったり精神力みたいなものは養えるっていうものを残しつつ、

でもエディー・ジョーンズさんの考えを跳ね返さないさないじゃないですか。

 

吸収するじゃないですか。

ミックスさせるっていうのが、スポーツだけに限らず文化も含めて、根本はあってそれにどんどんミックスしていって新しいものを作っていくっていうのが、

日本的なものなんじゃないかって思うんです。

 

五郎丸:そうですね。

 

五郎丸:エディー・ジョーンズが(代表の練習を)やっていくなかで、

与えられるだけのことをやっていてもワールドカップでは勝てないんだって言い始めるんですよね、いきなり。

待てよ待てよと!この3年間相当耐えてきたぞと思いながら、何が足りないんだと思うわけですよ。これ以上もう耐えれんぞと思いながら。

そうすると自主性っていう言葉がでてきたんですよね。

日本人てこれが一番不得意なことだとおもうんです。

 

自分がどうして欲しいのかを人に伝えることが出来ない。

 

だからもちろん与えられることは大事なんですけど、その中で自分たちに何が出来るのか、

その局面で何をしなくちゃいけないのかを考えなくちゃいけないなっていうのを、この1年ですごく感じさせられました。

その自主性というのが南アフリカに勝てた要因のひとつでしたね。

 

堀江翔太 ラグビー日本代表副キャプテン

勇気なくして栄光なし

「チームでコミュニケーションをとって同じ方向、同じピクチャーを見ようという話しをずっとしてきたので、やらされてるよりも自分の得意なプレーをしたほうが良いと思います。」

 

又吉:(中学時代、公立の部活なのに全国大会優勝目指して頑張る自分と、そうでない周りとの温度差があり悩んでいた時に)先生から

「一生懸命頑張っているやつが損するようなことがあってはあかんのじゃ」

と言われた言葉が、未だに残ってるんです。

 

五郎丸:私も割と自分が努力すればするほど、周りがやってないことに腹立たしくなるタイプなんです。

高校の時も大学の時も自分は1年目からレギュラー目指して努力してやっているのに、そうでない人はもちろんいて。何でっておもってすぐ胸ぐらつかんだり。

そんな経験もあって、そういう考えはずっと昔から変わらなかったんです。

 

代表クラスになれば、プレーヤーとしてグラウンド上で100%のことをだすのが100点満点だと、僕は思っていました。

という話を今回代表で、リーチマイケルの前のキャプテンの廣瀬さんにしたんです。

すると「いや、それは違う。僕はラグビーが全てだとは思わない。人間形成の場所であって、ラグビー辞めたあとのほうが人生長いんだから、

そういった接し方をしないとリーダーとしては良くないんじゃないか?」みたいなことを言われて、ビックリしましたね、僕は。

廣瀬俊朗 ラグビー日本代表 前キャプテン

ラグビーがすべてだとは思わない

(五郎丸選手に話したことを振り返り)「すべてではないという意味にはふたつあるのかな。

ひとつは(もしかしたら)家族が病気してるかもしれないし、彼女とけんかをしてるのかもしれないし、

本当は頑張りたいけれど頑張れない理由があるんじゃないのかなって思ってあげるのが、リーダーとして大事じゃないかなということ。

 

もうひとつは、ラグビーじゃなくて仕事で頑張っている人もいるし、自分たちはたまたまラグビーを選んだけれども、ほかの選択肢もあって。

でもみんな同じように人生学んでいくもんだ。ということが言いたかったんだと思います。」

 

「何も考えてないでラグビーやってるだけのほうが、僕は怖い。自分はラグビーを選んでいるという覚悟とか意思があったほうが良いと思っています。」

 

(ワールドカップ帰国会見より)「2019年に向けてチームもみんなの人生もこれからもそれぞれ続くので、もっともっといい男になって、

ラグビーだけでなく日本のスポーツの価値を高められるように、そういう生き方をしていきたいと思います。」

 

 

又吉:アスリートに言葉っていうものは必要だと思いますか?

 

五郎丸:もちろん外に向けて発することも大事ですけれど、自分自身の芯を持つという意味では何か持っといたほうがブレなくて済むと思いますね。

いまよくメディアの方から「大丈夫?これだけ注目されてるけどプレッシャー感じない?」だとかいわれますけど、ほんとにキックと一緒ですね。

自分がやんなくちゃいけないことが目の前にあって、まぁ言い方わるいですけど周りが騒いでる。観客と同じですよね。

 

その周りが騒ごうが騒ぐまいが僕の中ではあんまり関係ない。

 

舞台が世界であれ日本国内であれ、自分の出来ることというのはどのステージでも変わらないんですよね。

 

又吉:周りは関係ないというのは、ネガティブな意味ではないですよね。

自分のプレーをいいレベルで実現させるためには関係ないということですよね。

 

五郎丸:最初小説を書くのが楽しいっておっしゃってたじゃないですか。

僕もラグビー何でやってるかっていうと好きだからやってるんですよね。

楽しいっていう思いがそこにはあるから、それをぶらしたくない。

周りから批判もきますよねこれだけテレビ出ていたら、いずれ潰されますけども、そんなのは別にどうでもいいんです僕の中では。

 

自分のぶれない思いはラグビーが好きだって思いだけなので。

 

又吉:絶対そのスタンスが正解だとおもいます。

 

五郎丸:10年後どうしてたい?とかよく聞かれるんですけれど、全くないですね。

又吉:!

五郎丸:なるようになる、もしかしたら死んでるかも知れないし、わかんないじゃないですかそこは。自分がコントロール出来てるところじゃないんで。

まぁキックもそうですけど、自分がコントロールできるところをしっかりコントロールしていくっていうのがキーになってくるのかなって思いますね。

 

又吉:わりと僕は考えちゃうんで・・・現状に甘んじてはいけない、ってことばを思うだけでOKになっちゃってたんですけど。

今やらないと、今(を)100%で積んでいかないとそうならないってことをもうちょっとやらないとなって。

 

五郎丸:もちろんビジョンを持つことは大事なんですけど、目の前のことをやっていかないとなかなか目標にはたどり着かないと思いますね。

 

又吉:お話しした後の印象はこれですね。

準備を怠らない

又吉:僕らはなんか(南アフリカ戦を観て)奇跡が起こった、もちろんそこにドラマがあって感動したわけですけど、

決して1枚だけ買った宝くじが当たったわけじゃないんですよね。

それを実際にご本人からお話を聞くと、こういうことなんやなと。

準備を怠らないという平凡な言葉が今は身に染みるというか、だからラグビーに奇跡はないっていうのは

やっぱり準備を怠ってない人たちしか勝てないんじゃないかなっていうふうに思いました。


好きなことばとか素敵なことばって、スッと胸の中に入ってきますよね。

人によって受け取り方が違うのが言葉。口は禍の元なんてことばもありますが、それでも伝えたい想いがあります。

私は影響されやすいタイプなので、いいと思っただれかの言葉を生活の糧にしたいと思っています。

もっとかいつまんで書くつもりだったんですけれど、言葉の力を損ないたくなくて、なるべく端折らずに書いたので長くなっちゃいました。

 

番組ではまだまだ他の競技のアスリートの言葉もあったので、次回パート2を書かせてもらいます。

アマゾンアド

アドセンス

スポンサーリンク

関連記事

走る 生きる 彩る

TOP3 ・怪我をした ・走る時間が無い ・モチベーションが続かない  

記事を読む

昭和新山国際雪合戦で2連覇達成

YOUは何しに日本へ?でも バナナマンの大人気番組です。外国人に密着するロケを新千歳空港でしたいた

記事を読む

おすすめの注目番組です〜スポーツ追体験ドキュメント〜

2015年11月から不定期でやっている番組、本人が当時の映像を見ながら振り返るロングインタビュー形式

記事を読む

ラグビーセブンズ男子がリオ五輪出場決定です!

出場決定おめでとうございます!!私はいままで15人制のラグビーしか観たことがないのですが、今度のリオ

記事を読む

審判は誤審したっていいじゃないの?スポーツ現場の間違いはだめよ

審判の誤審? 先日のイングランドのプレミアリーグでなんと人間違いで レッドカードで退場させら

記事を読む

ラグビーワールドカップ2015日本の戦い

シーソーゲームの日本対南アフリカ ついに始まりましたラグビーW杯イングランド大会。一進一退

記事を読む

ラグビーでみた日本のJAPAN WAY

2015年のラグビーワールドカップで守って攻め勝つラグビー日本代表。エディヘッドコーチが掲げた「JA

記事を読む

ラグビーワールドカップ2015の見所は?

ぬ高校時代にラグビー部の友達が私に「ラグビーは少年を最も早く大人にし、大人にいつまでも少年の心を持た

記事を読む

ついに突入!オリンピックイヤー!出場決定した日本人選手に注目します

リオ五輪出場内定している日本人選手は? 2016年の1月です。ロンドンからもう4年経つんです。はや

記事を読む

~スポーツと子育て~やる気を高める為に親とコーチの出来ること

私は、自分のこどもには楽しいことや出来ることをたくさん増やしてもらって 自信をつけて、優しくて

記事を読む

アマゾンアド

アドセンス

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アマゾンアド

アドセンス

スポンサーリンク
活動量計に欲しい機能は?防水を一番に考えているという方へおすすめのモデル

運動の習慣が ある方もない方も、 春を感じるこれからの季節

モカエクスプレスとフレンチプレス。どっちにも良さがある。

朝はいつもねむいけど、   少しだけ早起

MIZUNO GXシリーズ レース用の競泳水着を選ぼう

ー 大会で良い結果を残したい ー ー 0.1秒でもベスト

バルミューダ ザ トースターを家族で。

妻が職場の忘年会で当てて 鼻高々で持って帰ってきた バルミ

リオデジャネイロの7人制ラグビーでニュージーランドに勝利!

鳥肌がたちました!!   ワールドカップに引き続

→もっと見る

PAGE TOP ↑